HIROMISTORY

【ENDLESS な HIROMI の 過去と現在、未来のSTORY】
【HIROMI】だけを見つめていたい!
 私って、マニアック?!
 私なりの「こだわり」で『郷ひろみ』を語りたい
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しい自分に! | main | 涙と笑いの45th Anniversary Live『my apprecation』 >>

メリー・ジェーン

JUGEMテーマ:郷ひろみ

先日の平尾昌晃さんの訃報から幾日も経っていないのに

 

今度は、山川啓介さんの訃報が届きました

 

それはそれはたくさんの名曲の詞を生み出して下さいました。

 

HIROMIのシングル曲では「哀愁のカサブランカ」が世間では有名ですが

 

1974 夏のショー

 

エルトン・ジョンのカバー「彼女はツイストを踊れない」

 

オズモンド・ブラザーズ 「That's my girl」

そして こちら つのだ★ひろさんの「メリー・ジェーン」

 

「彼女はツイストを踊れない」もお別れのあいさつの「That's my girl」も大好きだったけれど

 

やっぱり「メリー・ジェーン」が胸キュンでしたハート

 

特に、最初のセリフだけで、ウルウルしちゃう涙

 

 

フリオ・イグレシアスのカバー訳詞もたくさんありました。

 

アルバム「愛の神話」より

 

『さすらい夢人』 『狂おしきマドリー』

 

「哀愁のカサブランカ」より

 

もちろん『哀愁のカサブランカ』

 

『ロマンス』 『終着駅の女』

 

 

そして もしかして唯一の訳詞では無い曲でしょうか?

 

『若草の萌える頃』

 

 

おっと、忘れるところでした。

 

『愛しい他人〜パリの散歩道〜』

 

思いつくのは、これくらいでしょうか?

 

まだ有ったら教えて下さいませねウィンク

 

 

どの曲も映画のように美しい場面が目に浮かぶような詞でした。

 

 

【KING OF 洋楽カバー】のHIROMI

 

もっともっと山川さんの訳詞のカバーを聴きたかったですね♪

 

ご冥福をお祈り致します。

 

 

Hiromic World | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

うららさん、こんにちは。
ダブり削除ありがとうございます(^_^)
文明の利器に弱くて、未だに使いこなせないでいます。
おまけに太い指が、意図しない所を押してしまう(^_^;)

メリージェーン
懐かしいですねぇ(^.^)
本当に、いい歌がたくさんあって、ご本人も言ってましたが、いい時代でしたね
福島のくまちゃん | 2017/07/29 2:58 PM
くまちゃん、こんにちは!
どう致しまして(^▽^)/

押し間違いは、互い様ですよ(´∀`)
白魚のような美しい指先になってみたいものですが、こればかりは生まれつきのようで(-.-)

私達、良い時代に良い曲と出会えて幸せでしたね(^_-)♪
うらら | 2017/07/30 3:32 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://55urara.jugem.jp/trackback/956
この記事に対するトラックバック