HIROMISTORY

【ENDLESS な HIROMI の 過去と現在、未来のSTORY】
【HIROMI】だけを見つめていたい!
 私って、マニアック?!
 私なりの「こだわり」で『郷ひろみ』を語りたい
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

HAPPY BIRTHDAY HIROMI

朝、目覚めてカーテーンを開けベランダから見えた空は

雨模様続きの今年の10月

お日様が、HIROMIのお誕生日をお祝いして顔を出して下さいました。

ハート型にお日様が微笑んでくれてるみたい

朝から、LINEもTwitterもお祝いメッセージでいっぱい

ずっと見ていたかったけれど、お仕事なので、我慢!我慢!

帰宅後は、スマホが離せなくなりました(^^;)

昨日、今日とHIROMIのバースデーソングをTwitterにアップしました。

昨日は「BIRTHDAY模様」
これは、以前YouTubeでアップしましたが、削除されてしまった曲

しっとりとしたラブソング

今日は、ズバリ「BIRTHDAY」

にぎやかハッピーソング♪

Twitterされていない方、リアルタイムから、

『BIRTHDAY模様』で検索されたら、私だけ表示されると思いますので、そこからお聴き下さいませ。

ついでに、私のTwitterのページをブックマークしておいて頂ければ、次回から便利かと思います。


お宝切り抜きに

FL兄さんと葵テルヨシくんとマチャル



サンキストドリンクで乾杯の未成年HIROMIとジュニア達

大勢で祝って貰えた18才のBIRTHDAY

今年のBIRTHDAYは、誰とお祝いされたのでしょうか?

幸せなパーティーになっているかと思います。

1年で一番素敵なHIROMIのBIRTHDAY


45年そうして来たように、来年もその次もずっとずっと、お祝い出来ますよ〜に

HIROMIも私も元気で幸せでいられますように(*^^*)

HAPPY BIRTHDAY!!

MY DEAR HIROMI
Idol of Idols | comments(0) | trackbacks(0)

マニアックです♪

先日の大阪ファイナルに行った際に大阪のGO友さんに

「○○のCDをダビングしたいので、貸して貰えるかしら?」って、お願いをしました。(買いたくても買えない非売品お宝CDです)

もちろん快くOKをして下さり郵便で送って下さいました。

(送って下さった際の郵便サービス方法を知らなくて、これからはこの方法で!と思った次第です)

早速届いた郵便物には、お目当てのCDだけではなく、かつてHIROMIがカバーされた懐かしい洋楽のCDも同封されていました!

ジャクソン5時代のマイケルの歌声やら、マイケルと相対するオズモンドブラザーズのダニーの歌声やらと、音源は持っていても、レコードとかカセットテープでしか持っていなくてCDでの音源が無かったので、大助かりでした。

その中の1枚に、ユーライアヒープと云うロックグループのアルバムも入っていました。


HIROMIがカバーされた洋楽の楽曲数かなり多い方です

もちろん、私も大好きなカバーです。

1976年のお正月からのコンサート

【HIROMIC WORLDへの誘い】

このショーで何曲か歌われました。


メイクをして歌われました。
☆蝶
☆ソウルズ・ベリー
☆光食獣
☆ある兵士の叫び(ディープ・パープル)

こちらがパンフレットの表紙

そして、セトリ


ちなみにセトリの最後のエンディング
2曲は、

新曲だった「恋の弱味」と

みんな大好き「愛がこわい」でした。

私のお気に入りのショーのベスト5に入るかな?!

何しろ、高校時代最後のショーでしたから


ユーライヤヒープの楽曲は、有名な

「July morning」や

1974年の冬のショーでの

「夢幻劇(Wonder world)」

1979年の夏のショーでも、数曲歌われていました。

当時のHIROMIのショーの楽曲を語る時には、絶対に外せないアーティストさんです。

私も、ギターとキーボードの醸し出すサウンドが超お気に入りでした(*^ー^)ノ♪

何しろ妖艶なHIROMIを見ることが出来たから(#^.^#)

シックで、大人なHIROMIも素敵だけれど、妖艶でセクシーなHIROMIも見たいなぁ〜
Hiromi on stage | comments(5) | trackbacks(0)

続けると云う事

歌舞伎役者の市川猿之助さんが、舞台上で、大怪我をされたとのニュースを目にしました。

お馴染み地元GO友Oちゃんや、母の影響で、歌舞伎はちょっぴり興味が有りましてテレビや映画館で時折見たりします。

少し前にも、猿之助さんがまだ、猿之助と言う名前を襲名する前のドキュメンタリー番組の再放送が有り思わず見入ってしまった事がありました。

知力、体力、行動力有りとあらゆる能力をフル回転させて、日本の伝統文化である歌舞伎をもり立てるために、東奔西走で頑張られている姿に感心しました。

猿之助だけでなく、歌舞伎役者の方々は皆さん、歌舞伎をより多くの御客様に見ていただこうと、新しい試みをされて、進化した歌舞伎を見せて下さっています。


ドキュメンタリーの中で猿之助さんが、まだ亀治郎さんだった頃

芸を覚える為に、先輩役者さんの映像を見て、何度も何度も真似をして、そして、自分のものにすると!言われていました。

その言葉に「HIROMIと同じ!」って、亀治郎さんに、親しみを感じてしまいました。

猿之助さんの怪我は

開放骨折といって、骨折の中でも最も重い症状で、骨折部が体外に飛び出てしまっているとの事

治療に時間がかかりそうみたいですね。

1日も早く良くなって、舞台に復帰されることをお祈りしたいと思います。

幸か不幸か、今公演されている演目「ワンピース」は、Wキャストの事で、休演にはならないようですね。

HIROMIも、以前は何度か骨折をされていましたね。

何年か前の記事で紹介しています。

待っていてくれる人の為に

骨折2回、名古屋でされてしまっているのですよね…

それにしても、45年もの長きにわたり1度もステージに穴を開けずたったひとりで頑張って来られたHIROMIをもっと世間は評価してくれても良いのにね!って思うのですが

評価されていないからこそ、この素晴らしい記録が伸び続けているのではないかしら?

世間が、評価しなくても私達ファンは、知っています。

いつだって安心してコンサートへ行けます

ちゃんと、HIROMIに逢える!

待っていてくれる!

ファンにとって一番うれしい事

どうぞこれからも、50年 60年 70年と皆勤賞の記録を伸ばし続けて私達ファンを喜ばせて下さいませね( v^-゜)♪
Idol of Idols | comments(0) | trackbacks(0)